たなべ未来創造塾-地域から必要とされる新たな仕事を創りだす-
未来デザイン

たなべ未来創造塾 第5期事業スケジュールSchedule

1日目:開講式・オリエンテーション

日時 内容 講師等 視点
8月1日(土)
13:30~16:30
たなべる2階
<第1部>    
開会挨拶 13:30~ 田辺市長 真砂充敏  
来賓挨拶 13:35~ 近畿財務局和歌山財務事務所長 木村由典 様  
オリエンテーション①(15分)13:40~13:55
「たなべ未来創造塾が目指すもの」
たなべ営業室 係長 鍋屋安則 ・大学、地域づくりを取り巻く環境の変化
・たなべ未来創造塾の概要
・カリキュラムの概要
・魚津、高岡の取組、未来塾修了生の取組
塾生自己紹介・抱負(15分)13:55~14:10    
トークセッション(30分)14:10~14:40
「持続可能なまちづくりを目指して」
~地域課題解決と地域資源活用の視点から新たなビジネスを考える~
・座談会 ・修了生感想 ・質疑 ・各団体よりエール
◆パネリスト
・田辺市長 真砂充敏
・近畿財務局和歌山財務事務所長 木村由典 様
・日本政策金融公庫田辺支店長 須藤健文 様
・(コーディネーター)富山大学 金岡省吾
・大型プロジェクト(駅前刷新事業、闘鶏神社ポケット
 パーク、植芝盛平翁顕彰館など)とビジネスチャンス
・明日の田辺を担う塾生たちへの期待
・修了生から受講した感想、エール
・協力、後援機関からのエール
閉会挨拶 14:40 田辺市副市長 木村晃和  
休憩(15分)14:45~15:00    
<第2部> ※塾生及び事務局のみ    
オリエンテーション②(30分)15:00~15:30
・自己紹介(企業課題の共有)
・「目指すイメージの共有・カリキュラムの流れ」
たなべ営業室 係長 鍋屋安則 ・カリキュラムの詳細、流れ
・講義、ディスカッションに臨む心構え
・ディスカッションルール
講義(40分)15:30~16:10
「地域活性化論①」
~新たな地域づくり、CSV、魚津・高岡の企業行動~
富山大学 地域連携戦略室長 金岡省吾 ・SB、CB、CSV
・魚津市、高岡市などの先進事例
・動かないプロジェクト⇒自分で考えることの重要性
ディスカッション(20分)16:10~16:30
<テーマ>企業はどうあるべきか
  ・地域課題をビジネスで解決することで、地域と企業が
 win-winの関係性へ

2日目:地域課題とビジネスチャンス①~人口減少問題を考える~

日時 内容 講師等 視点
8月22日(土)
13:30~16:30
tanabe en+
講義(45分)13:30~14:15
「地方創生から考える地域課題と地域活性化」
富山大学地域連携戦略室長 金岡省吾 ・田辺市の人口ビジョン
・データから見る田辺市の課題とは
・人口移動数、転出先など人の動きは
ディスカッション(40分)14:15~14:55
<テーマ>人口減少で地域はどうなるか
  <論点>
・人口減少で地域はどうなるか具体的にイメージしよう
休憩14:55~15:05    
ケーススタディ(30分)15:05~15:35
「人生参加型工務店・高垣工務店」
(株)高垣工務店
 代表取締役社長 石山登啓
・お客様との信頼関係が受注へ、口コミへ
・本業、強みを生かした多角化経営
・若者が働きたいと思うワクワクする会社づくり
ヒント・解説(15分)15:35~15:50
「地域システム論」
富山大学 地域連携戦略室長 金岡省吾 ・社会的ニーズ(地域課題)にビジネスチャンスあり
・人口減少を歯止めする3つのボタンとは
・若者を引き付けるローカルイノベーション⇒人口減少歯止めへ
ディスカッション(40分)15:50~16:30
<テーマ>どうすれば人口減少に歯止めがかかるか
  <論点>
・住みたい、帰ってきたいと思う地域とは
・働きたいと思う仕事とは

3日目:大型プロジェクトと新たなまちづくり

日時 内容 講師等 視点
9月5日(土)
13:30~16:30
tanabe en+
講義(45分)13:30~14:15
「田辺市の新たなまちづくりとビジネスチャンス」
田辺市長 真砂充敏 ・大型プロジェクト(駅前刷新事業、闘鶏神社ポケット
 パーク、植芝盛平翁顕彰館など)を中心とした田辺市
 の新たなまちづくり
質疑・ディスカッション(40分)14:15~14:55
休憩14:55~15:05    
ケーススタディ(30分)15:05~15:35
「縁を結び交流と協働を生み出す拠点へ」
南紀みらい(株) 和田真奈美 ・駅前活性化施設「en+」の現状と課題
・交流と協働を生み出す仕組みとは
ディスカッション(55分)15:35~16:30
<テーマ>「en+」の活用とビジネスの両立
  <論点>
・どのようなコミュニティが求められているか
・自分なら「en+」で何ができるか

4日目:ケーススタディ①地元事例を知る・サプライチェーン

日時 内容 講師等 視点
9月19日(土)
13:30~16:30
tanabe en+
ケーススタディ①(20分)13:30~13:50
「熊野米プロジェクト」
(株)たがみ 田上雅人 ・背景や物語、プロセスを伝えることで、共感、新たな
 価値を生み出した地元事例
・人のつながりが大きな武器に
質疑13:50~14:00    
ケーススタディ②(20分)14:00~14:20
「地域に愛される酒『交』」
(株)堀忠商店 堀 将和 ・どうすれば卸売業は生き残れるのか
・どうすれば価値は高まるのか
質疑14:20~14:30    
ケーススタディ③(20分)14:30~14:50
「梅と鰻の仲直りプロジェクト」
太田商店 太田有哉 ・お互いの課題を解決しあうことで価値を高める
・地域循環型商品開発で持続可能なストーリーへ
質疑14:50~15:00    
休憩15:00~15:10    
ディスカッション①(40分)15:10~15:50   <論点>
・企業同士がwin-winな関係性を築くためには
ディスカッション②(30分)15:50~16:20   <論点>
・誰とつながると自社の価値が高まるか
まとめ(10分)16:20~16:30
「サプライチェーン・バリューチェーン」
事務局 ・他社との協働によるサプライチェーン強化
・地域住民の所得や購買力が向上し、経済と社会の好循環へ

5日目:地域課題とビジネスチャンス①~高齢化を考える~

日時 内容 講師等 視点
10月10日(土)
13:30~16:30
tanabe en+
講義+ディスカッション(180分)
「超高齢社会ビジネスの可能性」
 ~地域包括ケア時代の生活支援市場を展望する~
三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)
岩名礼介
・団塊の世代が75歳以上となり介護・生活支援ニーズが増大
・人口減少社会における担い手不足とどう付き合うか
・住み慣れた地域で最後まで暮らすことのできる仕組みづくり
ディスカッション
<テーマ>介護・生活支援領域におけるビジネスチャンスはどこに
<論点>
・買い物や調理、洗濯等の生活援助の部分にはビジネスチャンス
・様々なサービスを統合することの重要性

6日目:新たな地域づくり~小規模多機能自治~

日時 内容 講師等 視点
10月24日(土)
13:30~16:30
tanabe en+
講義(40分)13:30~14:10
「小規模多機能自治の取組」
南砺市 南砺で暮らしません課
課長 市川 孝弘
・ボランティアではなく、ビジネスで地域課題を解決
・人口の1%を取り戻す
・日常生活支援サービスがビジネスに
ディスカッション①(40分)14:10~14:50
<テーマ>10年後の地域の理想像を考える
 -まちなか・中山間-
  <論点>
・10年後、地域はどうなるのか(どんな課題が生じるか)
 ⇒小規模多機能自治の必要性、課題解決が仕事に繋がる
休憩14:50~15:00    
講義(40分)15:00~15:40
「(仮)地域づくり最前線」
丸進商事(株) 塚田 高史 ・生活支援サービスにチャンス、コミュニティが武器に
・「介護」から「健康」への転換
ディスカッション②(50分)15:40~16:30
<テーマ>地域課題の解決とビジネスの両立とは
  <論点>
・どうすれば地域と企業がwin-winの関係性を構築できるか

7日目:世界遺産の活用とビジネスチャンス

日時 内容 講師等 視点
11月7日(土)
13:30~16:30
tanabe en+
講義(45分)13:30~14:15
「世界に開かれた持続可能な観光地を目指して」
田辺市熊野ツーリズムビューロー 多田稔子 ・外国人観光客が増加、しかし新型コロナの影響大
・宿泊先、体験などのコンテンツが不足
・ツーリズムビューローの新たな戦略は
ディスカッション①(40分)14:15~14:55
<テーマ>世界遺産による地域の変化
  <論点>
・登録前後で何がどう変わったか
・ツーリズムビューローと連携できることは何か
休憩14:55~15:05    
ケーススタディ(30分)15:05~15:35
「外国人観光客のための、ほっとステーション」
美吉屋旅館 吉本 健 ・外国人観光客の特徴とは
・困りごとを解決することがビジネスに
ディスカッション②(55分)15:35~16:30
<テーマ>これからの観光に必要なコンテンツとは
  <論点>
・外国人観光客は何を求めているか、行動パターンは
・新型コロナの中、地域に必要な観光とは

8日目:ケーススタディ②地元事例を知る

日時 内容 講師等 視点
11月21日(土)
13:30~16:30
tanabe en+
講義①(40分)13:30~14:10
「空港型地方創生への挑戦~戦略編~」
(株)南紀白浜エアポート
 誘客・地域活性化室長 森重良太
・空港の民営化とは
・空港会社が設定した地域課題とは
・地域課題の解決に向けた戦略とは
質疑(10分)14:10~14:20    
ディスカッション①(40分)14:20~15:00
<テーマ>目指す姿とターゲットの明確化
  <論点>
・地域と自社の将来ビジョンを描こう
・どんな人に何を訴求して来てもらいたいか
休憩15:00~15:10    
講義②(20分)15:10~15:30
「空港型地方創生への挑戦~具体事例編~」
(株)南紀白浜エアポート 
 誘客・地域活性化室長 森重良太
・空港会社の具体的な取り組み事例
・地域事業者が空港会社と連携できること
質疑(10分)15:30~15:40    
ディスカッション②(50分)15:40~16:30
<テーマ>地域の交通拠点の活かし方とは
  <論点>
・空港を活用した地域課題の解決を考えよう
・自社の本業や強みを生かしてどんな連携ができるか

9日目:地域活性化論②~子育て支援~

日時 内容 講師等 視点
12月5日(土)
13:30~16:30
tanabe en+
講義(60分)13:30~14:30
「地域活性化論②」
 ~新たな地域づくり・子育て世帯の移入~
富山大学 地域連携戦略室長 金岡省吾 ・これまでの講義を踏まえた復習
・地域課題の解決に向けた子育て世帯の移入の必要性
・ハウスメーカー、アズママ、魚津などの事例から
休憩14:30~14:40  
ディスカッション(105分)14:40~16:30
<テーマ>子育て世帯の移入とビジネスとの両立
<論点>
・田辺市の地域課題の根っことは
・子育て支援とビジネスとの両立は可能か

ヒアリング調査

日時 内容 講師等 視点
12月上~中旬 事務局による各塾生への事業計画案ヒアリング・相談
(各塾生1時間程度)
金融機関、後援機関
たなべ営業室 係長 鍋屋安則
・ヒアリングを通じて、1行コンセプトの抽出

10日目:演習

日時 内容 講師等 視点
12月19日(土)
13:30~16:30
tanabe en+
全体演習①
1行コンセプトの発表、ディスカッション
富山大学 地域連携戦略室長 金岡省吾
たなべ営業室 係長 鍋屋安則
・塾生によるプレゼン、その後、塾生相互の意見交換

11日目:演習

日時 内容 講師等 視点
1月16日(土)
13:30~16:30
tanabe en+
全体演習②
3行コンセプトの発表、ディスカッション
富山大学 地域連携戦略室長 金岡省吾
たなべ営業室 係長 鍋屋安則
・塾生によるプレゼン、その後、塾生相互の意見交換

12日目:演習

日時 内容 講師等 視点
1月30日(土)
13:30~16:30
tanabe en+
全体演習③
中間プレゼン・プレゼン資料修正
富山大学 地域連携戦略室長 金岡省吾
たなべ営業室 係長 鍋屋安則
・塾生によるプレゼン、その後、塾生相互の意見交換

13日目:最終プレゼンテーション・修了式

日時 内容 講師等 視点
2月13日(土)
14:30~17:30
田辺スポーツパーク
多目的ホール
開会挨拶  田辺市長 真砂充敏
富山大学
 
来賓挨拶 近畿財務局和歌山財務事務所長  
経過報告(15分) たなべ営業室 係長 鍋屋安則  
最終プレゼンテーション15:00~16:00
 ・一言アピール
塾生 ・一言アピール…塾生×3分
ポスターセッション16:00~16:20 塾生 ・それぞれのブースに分かれて個別説明
修了証授与16:20~16:30 田辺市長 真砂充敏  
座談会(60分)16:30~17:30
「田辺市の未来を創る力とは」
   
(1)話題提供 たなべ営業室 係長 鍋屋安則  
(2)座談会 ■パネリスト
田辺市長 真砂充敏
富山大学
塾生、ご来場の皆さま ほか
■コーディネーター
富山大学地域連携戦略室長 金岡省吾